多治見 タクシー コミタク
|
|
|
|
|
|
|
|
|
求人情報

                              コミタク誕生の原点 〜富は常に徳の結果なり

 平成15年6月、様々な人の支援と想いを乗せて、コミタクは船出をいたしました。
「お金だけじゃない世の中を俺たちが創って見せるんだ!」と、他人からは嘲笑されるような青臭い「志(こころざし)」の元に。

 開業前、私は借金まみれの運送会社を背負い、途方に暮れていました。
26歳で潰れかけの父の商売を受け継ぎ、数年で急成長させたものの、拡大路線で借金も莫大なものになりました。
一時は高級外車を乗り回し、週2のゴルフと夜な夜なのスナック通い。
天狗の鼻は高々と伸びていましたが、何の理念もビジョンもない商売は、ひとつ歯車が狂うと後は下降の一途。
 結局、お先真っ暗な状態に「命と引き換えに全部自分で決着つけてやる」と今思えばバ
カなことも考えましたが、要は気力も志もなく、とにかく「その場から逃げたい」の一心でした。

 周りを見回すと得意先は価格(運賃)だけで発注先を決め、日本の経済社会が作り出した「信義と商道」や「相互扶助の精神」はすっかり影を潜めており、金融屋は力のある者だけに寄り付き、力を失った者には理不尽とも思える仕打ちをする。
 いつの間にか拝金主義が正当な価値観となり、お金があればなんでも買える、お金があればなんでもできる、お金があれば幸せになれる、という考えが一般の常識となっていました。
「勝ち組」から弾き出された私がそれを言えば、負け惜しみと受け取られてもしかたないけれど、「やはり、こりゃ
あ、どう考えてもおかしい」フツフツと心の中に、まだ漠然としたものだけれど湧き上がるものがあり、「世の中間違っとりゃせんかぁ!?」と飲み屋で酔いに任せて、友達に私の思いを幾度となくぶつけてみました。
すると、結構、皆が賛同してくれるではありませんか。
私にとっては、それがなんだか意外だったし、おぼろ気ながら、やるべきことが見つかったような気がしました。

 ちょうどその頃、国が進める規制緩和の流れを受けて、激化する競争に悪戦苦闘する運送業者の同志がいまし
た。そして、厳しい現状と先行き不安により、新規事業を模索しておりましたが、たびだび「昔は良かったな」なんて話が出ました。
それは、儲かったという話ではなく、お客様からありがたがられたという話です。
 交通事情も未だ整ってなかった頃、何百キロも離れた場所へ夜を徹して荷物を届けると、「運転手さんのおかげで商売ができる」と感謝され、食事をごちそうになったり、お風呂に入れてもらったりと、歓待をしていただいたことが少なくなかったのです。「あんたのおかげで...」の一言で、使命感が芽生え、自分の仕事への誇りが持てた時代でした。そして、「もう一度、ああいう仕事がしたいよね」の一言で、新規事業計画の方向ががらりと変わりました。
 喜ばれてお金がもらえる仕事、こちらがお客様に「ありがとう」を言うのは当たり前、「ありがとう」と言ってもらえて、なおかつお金をもらえる仕事。
そんな仕事がしたい。

「商い」とは「飽きない」。
売り手と買い手が尊重しあい、互いにいつまでも続けられるから「商い」と呼ぶ。
また、「働く」とは「傍(はた)を楽(らく)にする」ことである。
こんな考えを大事にしよう。
もちろんお金は必要だけど、お金だけじゃない仕事をしよう。
誰かの役に立ち「あてにされる」仕事をしよう。

「富は常に徳の結果なり」・・・利益は、常に人を喜ばすことの結果である。これがコミタク誕生の原点でした。

  株式会社コミュニティタクシー 岐阜県多治見市大原町5-99-3 TEL:0572-20-1717 FAX:0572-29-4888
  お問い合わせ